お気に入りのウッドコーンイヤホン(JVC HA-FW02)で柔らかな音を楽しむ

yacco*のアイコン画像yacco*
今日は、前の記事にも書いた愛用のイヤホンを紹介させてください
あわせて読みたい
Bluetooth接続できるワイヤレスヘッドホンでAudibleやU-NEXTをさらに快適に
Bluetooth接続できるワイヤレスヘッドホンでAudibleやU-NEXTをさらに快適に【AudibleやU-NETXの欠点】先日紹介したAudibleやU-NEXTは、どちらも耳で聴くことの多いコンテンツです。https://yacco515.com/audible/https://yacco515.com/u-next/ど...

わたしが愛用しているイヤホンはこちらのウッドコーンの高品質タイプです。

ウッドコーンのイヤホンで、高品質タイプのCLASS-S WOODシリーズの真ん中の価格帯のもの。

このシリーズではHA-FW01が最も高価なものになりますが、実店舗で聴き比べてみたところこちらのHA-FW02の方が音がマイルドで好みだったのでHA-FW02にしました。

この間電気屋さんで教えてもらったんですけど、イヤホンの音ってケーブルによっても違ってくるそうなんです!

HA-FW01HA-FW02はケーブルが交換できるので、こだわる人はどこまでもこだわれそうな品です。

目次

ウッドコーンの特徴と魅力

ウッドコーンの魅力

公式サイトより

ウッドコーンの公式サイトはこちら

スピーカーの振動板には、一般的に紙やアルミが使われています。それらに比べて木という素材は音の伝わりと余分な振動の吸収の面で理想的だと言われているんですね。

簡単に言うと、ウッドコーンスピーカーやイヤホンは、その振動板の部品に木材を使ったものになります。

ピアノやアコースティックギター、クラシックギターなどのアンプラグドな楽器の演奏や人の声(特に女性ボーカル)を聴く時に使うと、他のスピーカーやイヤホンに比べて音が柔らかくまろやかなのが特徴です。

わたしはジャズピアノやヒーリングミュージックなどを聴くのが好きなので、家では8年ほどウッドコーンのスピーカーを使っています。

ウッドコーンスピーカーはエイジングといって使い込むほどに音がさらにまろやかになっていくので、購入時よりも今の方がずっといい音だと感じています。

ハードな音楽を好む人には向かないかと思いますが、楽器そのものの音や女性ボーカルを好む人にはきっと気に入ってもらえると思います。

イヤホンの種類を簡単に説明します

市販のイヤホンには、ケーブルの有無でも種類が分かれますが、今回は耳に入れるパーツの形で分けた種類でお話ししますね。

カナル型イヤホン

カナル型イヤホン

カナル型イヤホンは、先端にイヤーピースをつけることで耳の穴にしっかり入れ込むタイプで、市販のイヤホンの中で1番多いタイプになります。

[cat_fusen02 title=”カナル型のメリット”]

  • 遮音性が高い
  • 品揃えが豊富
  • 価格帯が幅広い
  • ダイレクトに音が届く
  • 細かな音の変化を感じ取りやすい
  • イヤーピースを合わせることでフィット感を高めることができる[/cat_fusen02]

耳とイヤホンがしっかり密着するので、音漏れが少なく音がダイレクトに感じられるのが特徴です。音楽を楽しみたい人にはこちらの方が好まれますね。

わたしが使っているウッドコーンのイヤホンはこちらのタイプですね。イヤーピースはXSからLサイズまであり、自分の耳の穴に合ったサイズに付け替えて使えます。

[cat_fusen01 title=”カナル型のデメリット”]

  • 違和感と疲労感を覚えやすい
  • イヤーピースをなくしやすい
  • 耳垢がつくため不衛生になりやすい[/cat_fusen01]

密着するがゆえのデメリットですね。耳垢は使うたびに手入れをすることで衛生的に保つよことができるので、日々のお手入れが大切です。

インナーイヤー型イヤホン

インナーイヤー型イヤホン

インナーイヤー型イヤホンは、耳の穴の淵に引っ掛けて使うタイプのイヤホンです。iPhoneに付属されているイヤホンやAirPodsはこちらのタイプに入ります。

[cat_fusen02 title=”インナーイヤー型のメリット”]

  • 違和感が少ない
  • 付けやすく外しやすい
  • 外部の音が聞こえやすい[/cat_fusen02]

手軽に使えて外の音も聞こえるという面では、屋外で使う場合に安全性が高いとも言えますね。

[cat_fusen01 title=”インナーイヤー型のデメリット”]

  • 外れやすい
  • 雑音が入る
  • 音漏れしやすい
  • 臨場感に欠ける
  • 品揃えが減少傾向にある
  • サイズが合わないと耳が痛くなりやすい[/cat_fusen01]

わたしはこの『サイズが合わないと』の部分にモロに引っかかってしまい、このタイプのイヤホンは使えないのです。

最近は音質にこだわるためかワイヤレスが増えて落ちにくくするためか、インナーイヤー型が減少してカナル型が増えているように感じられます。

この他に耳の中に入れない耳かけ型もありますが、選択肢が少ないので説明は省きますね。

今1番気になる『ワイヤレスウッドコーンイヤホン』

音を楽しみたい人にオススメのウッドコーン

先ほども紹介しましたが、愛用のイヤホンはこちら

音質やフィット感はとっても気に入っていて愛用しています。ただ、2点だけ不満な点があるんですよね…

[cat_fusen01 title=”HA-FW02の不満点”]

  • ケーブル付きなので自由度が低い
  • マイクがないため通話に使えない[/cat_fusen01]

実は、この不満点を解消する後継機種が出ているんです。それがこちら

マイク付きのワイヤレスイヤホンで、よくある肩に乗せるパーツからケーブルがついているタイプです。

ケーブル付きのHA-FW02とワイヤレスヘッドホンを持っているので購入はちょっと迷ってるんですが、アマゾン等のレビューを見ると買ってしまいそうになります。

使ってみた人いたら、どうだったか教えてくださいね。

あわせて読みたい
Bluetooth接続できるワイヤレスヘッドホンでAudibleやU-NEXTをさらに快適に
Bluetooth接続できるワイヤレスヘッドホンでAudibleやU-NEXTをさらに快適に【AudibleやU-NETXの欠点】先日紹介したAudibleやU-NEXTは、どちらも耳で聴くことの多いコンテンツです。https://yacco515.com/audible/https://yacco515.com/u-next/ど...

この記事を書いた人

目次
閉じる